ささやかな幸せをおすそ分け♡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by snow white
 
[スポンサー広告
みていて辛い。
ご無沙汰しております。
東京で元気に暮らしています。

私は、日本の医療のシステムを根本的に変えて行きたいのだけれど、
それをしようと思うと、たくさんの人に辛い思いをさせてしまうのではないかと思います。
だけど、現状、日本には、これ以上の医療費の負担は難しい状況です。
勉強すればするほど難しい。

皆様、「コードブルー season3」みていますか?
私は毎週楽しみに見ていて、そして、みるたびに、心が打ちひしがれます。
見ていて、辛いことをたくさん思い出します。
涙が出て来て、あの時の苦しさを再体験しています。

脚本について、なんだかんだ文句が言われていますが、
研修医、レジデント(フェロー)、指導医
この3段階を外科で体験して来た私は、ドラマとわかっていながら、自分を投影してしまいます。

2回くらい前の話かな?
相澤先生が女医フェロー先生に、全権任せた時。
どんな処置も、手術も、自分がやっちゃった方が安心だし、確実だし、早いし
いいことづくめなのに、下の先生にやらせるの。
あれって、手間もかかるし、リスク高い。
でも、さらっとやらせて、まるで、悪役みたいに描かれてて(前半)
ちゃんと、その苦労、視聴者わかってくれてるかな?って思いながら見てた。
(ついでに、たくさんの上の先生にそんな思いをさせていろいろさせてもらったことに感謝しています。
もちろん、上司よりも、大事なお身体を預けてくださった患者さんに感謝しています。)

前回から今回にかけて。
失敗を次の成功に変えられるのは若い先生の特権ってその通り。
大学院から戻ったら、そんな風には思えなくなった。
失敗はこころに蓄積し、それは身体的な疲労にもつながった。

助けられなかった命は、思い出すたびに心をギュってされる。
起きたら、どうしてか泣いていたり、
自分の叫び声で目覚めたり、
もしかしたら、自分を追い詰めていたかもしれないと思う。




だけど、ドラマを見ていて、何より辛い気持ちになるのは、
今私が最前線で仕事をしていないこと。
あんなにがん治療が好きだったのに、今、そこから遠く離れてしまっていること。
あぁ、私、何してるんだろうって、泣きたくなる。

でも、私は、彼らがちゃんと、何の心配もなく仕事できる基盤を作るために
今勉強してるってわかってても、やっぱり毎週辛くて泣きたくなる。

かといって、私はもう外科には戻れないことがわかっていて、
もう戻らないんだろうなぁ。



追伸
今、いろんなところで、胃カメラバイトしているんだけど、
たくさんの方からおほめいただきます。
これも、私に胃カメラをさせてくださったたくさんの患者さんのおかげです。
もし、目の前で、人が倒れたとして、きっと助けられるのは、助けられなかった患者さんのおかげです。
次は絶対助けたい!って思うから。



スポンサーサイト
Posted by snow white
  trackback:0
[ご挨拶
trackback URL
http://dinnerparty.blog42.fc2.com/tb.php/431-352ca911
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。