ささやかな幸せをおすそ分け♡
ワインエキスパート試験のこと⑥まとめ
試験を受けていつも思うことは、
試験で勉強することによって、知識を体系的、系統的に整理できることが素晴らしいと思います。
それだけでも十分に価値があります!!!

今回はこれだけの勉強でなんとか通りましたが(自己採点では64%)、本当に偶然です。

とにかくラッキーだったのは、問題数が多かったことでしょう。
70分で130問解くのは、「よほど勉強していて瞬間的に答えを導き出せる人」か、「文字を読むのが早くて、あまり悩まない人」でないと難しいように思います。(もちろん、私は後者)
今年は最後の公衆衛生がものすごく簡単だったので、最後までたどり着けなかった人は、その問題数分、減点になっているわけです。

ボルドー地方なんか、あんなに勉強したのにほとんど正解していなかったし、モンラッシュあたりの地図の問題は、問題の真横に模式図を書いたくせになぜか答え選び間違えたし、わけわかりません。

でも、なんか、偶然、通っていました。
受けに行ってよかった。

みなさま、あきらめずに頑張って頂きたいと思います。

最後におまけ★
どのくらい勉強したか、思い出してみました。
平日は、昼間はやる気が起こらず、だいたい20時から0時or2時までの4or6時間勉強しました。
お風呂入っている間も、単語カード覚えていました。
ただ、水曜日は夜になってもやる気が起こらなさ過ぎて、一日ワインの勉強はせず、22時くらいに就寝しました。
土曜日は2回とも当直で、18時から2時まで外来で勉強していました。(途中診察はさみながら)
日曜日は14時から15時に単語カードを書くだけ書いて、平日と同じく、20時くらいから勉強していました。
あとは、運転中、覚えたことをブツブツ反復して唱えていました。語呂合わせをイメージして、ひとり笑ったりしていました。
絶対、怪しい人。。。
当日は8時前から13時半まで最後のつめこみ・・・(当日朝から新しい分野に手を付けたし・・・)
total 56時間。でも、ものすごく頭使った56時間でした。
長い長い語呂合わせを3回くちにしただけで覚える、みたいな集中力でした。まじで。
外来で勉強した18時から2時の8時間もあっという間に感じました。


最後になりましたが、まじめに勉強せず、不出来な生徒だったのに、慰め、励まして下さった先生方、お友達の皆様、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
Posted by snow white
  trackback:0
[メモ
trackback URL
http://dinnerparty.blog42.fc2.com/tb.php/356-b0e32a4e
trackback