ささやかな幸せをおすそ分け♡
ワインエキスパート試験のこと②準備したもの
勉強を始める前に準備したもの。

・100円ショップで単語帳(カードみたいなあれね。)

・問題集;児島速人CWEワインの問題集(2,800円)

・テキスト;アカデミーデュヴァン受験対策本

・+α;アカデミーデュヴァン監修語呂合わせ本(これは必須!笑。)

・他に買ったけど、まったく使わなかった本;30日間ワイン完全マスター

・あればよかったと思う本;児島速人CWEワインの教本(3,800円)


途中で手に入れたもの

・書籍ではないのですが、8/13にアカデミーデュヴァンの受験.comに申し込みました。


【準備;まとめ】
好みによるとは思いますが、私は、単元ごとにわかれていて、左ページが問題/右ページが解説というパターンのものを探し、児島速人CWEワインの問題集をセレクトしました。
内容は、なかなかよかったけれど、実際の問題とは若干違う感じ。地理とか歴史とかに結構重きを置いていた印象。でも、まとまっていてよかったと思います。ただ、できれば、児島氏の参考書もそろえて持つべきだっとと後悔。解説に、参考書の該当ページが記載されていたので。該当箇所をいちいち「30日間ワイン完全マスター」やadvテキストから探すのは大変だったです。

また、問題数としては、これだけでは圧倒的に足りないので、過去問5年分(児島速人CWEワインの問題集に付属)、adv受験.comの問題5パターンずつ×3部、模擬試験5パターンを印刷しました。問題数は稼げるけれど、解説がないのがつらいです。
*実際に解いたのは、過去問3年分と、次ページに記載予定の学習した分野の受験.comの問題5パターンを1回ずつ、模擬試験3パターン。どう考えても、3回も解く余裕なんかなかった・・・><。

最短期間で学習するには、やはり、語呂合わせも不可欠でした。
advから出ている語呂合わせ本に、ライオンシェフさんのブログ(「ライオンシェフ 語呂合わせ」で検索)を参考に、なるべく覚えやすいようにアレンジしました。とくに、フランスを覚える時にはライオンシェフさんのブログには大変お世話になりました。イメージが大事だということを学びました。
上記と同様の内容になりますが、語呂合わせ本だけでは意味不明すぎる時があるので、できればadv受験対策テキストがあった方がよいです。該当ページの記載があります。

と、いうことで、
メインは語呂合わせ本、サブメインは児島氏の問題集
を使用しました。

「30日間ワイン完全マスター」はものすごくまとまっていて、「あ~これこのまま丸暗記したら通るだろうな・・・」と思いました。まとまりすぎていて、勉強する気にならないかも。
スポンサーサイト
Posted by snow white
  trackback:0
[メモ
trackback URL
http://dinnerparty.blog42.fc2.com/tb.php/352-e340f4a5
trackback