ささやかな幸せをおすそ分け♡
ワインエキスパート試験のこと①流れと前提
2014/8/18月曜14:40~ ワインエキスパート試験受験しました。
そして、なぜか一次試験合格しました。その記録です。
参考になるかどうかは、読む人に任せますが、
勉強を始めたのは、2014/8/9土曜日で、実質8.5日間の勉強期間でした。
(試験直前の水曜日はやる気が起きず、なにも勉強しなかったから)

自慢するわけでもなんでもなく、どなたかの助けになればと思い、記録することにしました。
ただし、この勉強では今後のワイン人生にとって有意義なものかは全く持って不明です。
ただただ筆記試験に通ることを目的としています。

【前提】
昨年の4月から、完全お遊び感覚でワインスクールには通っていたため、詳しくは知らないが、頭の中にワイン用語は散らばっている。
ソーテルヌが甘口の白ワインであることは知っているが、それがボルドーにあるとは知らなかった。
3月からのアカデミーデュヴァンの受験対策講座には籍をおいている。
「ここは大事」といわれたところにチェックするため。
(20回中7回欠席。復習小テストは遅刻していくため受けていない。勉強していない為、たまに受けると5/20で4択の確率通り。)
2014/8/2に専門医試験があったため、それまではワイン試験に向けて一切勉強はしていない。
8/2の専門医試験で1年のやる気のうちの95%を使い果たし、8/8までは飲み歩いていた。
8/16の時点で、試験を受けに行くか悩んだ。受験料が高かったので、もったいないかと思い直し、受験した。

そうそう、勉強を始めるにあたって、私がほかの大部分の人よりアドバンテージがあったことは、
①試験慣れしている→勉強法も、試験への心構えも。
②職業柄、公衆衛生はあんまり勉強しなくてもいけそう。(もちろん、知らないこともたくさんありましたが・・・)

なので、公衆衛生分あと半日は得しています。
スポンサーサイト
Posted by snow white
  trackback:0
[メモ
trackback URL
http://dinnerparty.blog42.fc2.com/tb.php/351-847b5516
trackback