ささやかな幸せをおすそ分け♡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by snow white
 
[スポンサー広告
東京・・・。


東日本地震、あまりの状況に呆然とするばかりです。
被災地の方々、心よりお見舞い申し上げます。

一刻も早い復興をお祈り申し上げます。
また、お亡くなりになった方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





えっと、実は、地震の時、わたくし、東京ディズニーランドにおりました。
けっこう、大変だったけれど、それでも、全然大したことなかったと思う。

もっともっと大変なことになっていると知って、本当に驚いたくらい!



404.jpg

今となっては、懐かしい、お昼頃のディズニーランド。

お昼はイクスピアリのMONSOON Cafeへ。
ここでおなかいっぱい食べたこと、水分もしっかりとれたことが幸いでした。
食後にお手洗いも行ったし!!!

2時頃、パークに戻り、2:45のパレードを見ることにして、
パレードルートから少し離れたところでベンチで座って待っていました。

その時、
グラグラグラグラ・・・

揺れはしばらく続き、(2分くらい?)
あたりは騒然としました。

続く余震・・・。
みんなケータイ片手に心配顔・・・。

それでも、プーさんのお店の方へ移動。
もちろん、店はすべてクローズ。

405.jpg

なぜか、地面は水浸し(今思えば、液状化現象だね。)で、
曇ってくる。雨が・・・。

410.jpg

ディズニーランドのキャスト(スタッフ)が
ショッピングバッグやごみ袋を配ってくれる。
とりあえず、かぶるだけでも寒さが和らぐ!

その間も、何度も揺れる。
地震で酔ってしまってかなり気持ち悪くなり、
何度も吐きそうになった。
エチケット袋もいただく。

一向に状況が改善しないため、出口に向かって移動することにした。

411.jpg

412.jpg

あまりにも浜風が強く、また、だんだん日も暮れてきました。
そこで、あちこちに出現したブルーシート(エマージェンシーシート)のテント。
地面に段ボールを敷いて、おしくらまんじゅうのように、人が中に入っている。
外縁の人がブルーシートを押さえて、風が入らないように。

キャストの方々が本当に優しくて、笑顔と元気をくださいました。
みなさんも同じように不安だろうし、寒いだろうに・・・。
本当にありがたい。

18時半。
諦めがついた。
このままでは、うまくいってもディズニーランドで野宿になってしまう。
銀座で予約していたホテルは諦めた。

幸い、徐々につながるようになってきていたi phoneを駆使して
ディズニーランド周囲のホテルを探す。
検索ワードは「ディズニーランド」「ホテル」「当日」
yoyaQを利用しました!!!

ラッキーなことに、シェラトンが取れました。

バッグに入っていたあめちゃんを同じテント内にいた女子大生にあげて、
私たちは移動を開始。
ブルーテントをでたところで、転倒。
左足首があり得ない方向に曲がって、捻挫。

それでも、気合で乗り切る・・・。

出場制限されていたパークをなんとか出て、ロッカーでトランクを回収し、
ホテルへ・・・。

413.jpg

駐車場の様子。
アスファルトが浮き上がり、その隙間から水がすごい勢いで流れ出していた。

414.jpg

ロビーでは謝恩会をしていた専門学校生、その家族、先生方が朝を待つ体制になっていた。

ホテルについて、チャックイン。
チェックインしている人たちは、あくまでもラッキーな人たち。
本当に、運がよくて、感謝しています。

ちなみに、やはり、情報伝達も正常ではないようで、
yoyaQからホテルへの情報が届いていなかった。
でも、ホテルの柔軟な対応もあって、泊めていただけることになりました。
おそらく、下のフロアから、問題がないかのチェックをしていたらしく、
最上階の12回はまだチェック中。
チェックが終わった端っこのお部屋をお借りしました。

もちろん、最上階。
余震のたびにこれでもかと揺れました。
しかも、ホテル自体、海辺だしね。心配だ。

シェラトンの中には、薬局を兼ねた売店がありました。
そこで、野菜ジュース、おつまみ(それしかのこっていなかった!)、
シップ、テープを購入。

そのうち、時間と量を限って、宿泊者にお食事を提供するサービスまで。

415.jpg

ホテルに着いた時点での私の足。
左足首腫れています。すでに内出血。
なぜか、左の親指の爪も内出血斑がでています。

なお、約3日経った現在、左足首外果がわからないくらい腫れています。
内出血が重力で移動したらしく、足裏までばっちり紫色に腫れています。


翌日12時。
チェックアウト。

まだ、京葉線は動いていない。
この時点では、動く予定なし。

浦安駅まで約5km歩く人多数。
足をくじいていなければ、歩けたと思うけれど、
残念ながら、とても歩ける状態ではなく、タクシー会社に順に電話する。
つながらない、あるいはつながっても配車は無理といわれる。

最悪、今夜もディズニーランド界隈のホテルに泊まる覚悟をした。
13時までホテルロビーで悩む。

!!!
14時頃から京葉線再開するらしい
!!!

13時15分
ホテルからのシャトルバスで舞浜駅まで移動。

13時40分
舞浜駅OPEN。

意外にも舞浜駅はあまり人がいなくて、
舞浜駅始発に乗ることができました。
座れたし★

14時
電車発車。

ということで、無事、東京駅まで着くことができました。
東京駅では、京葉線で異常が見つかったため、またストップするとの放送が。
ラッキーだった。

父から帰って来いとのメールがやたら届き、
友達とごはんとか観光もやや不謹慎な気がして、
新幹線で帰ることにしました。

すでに停電のうわさが広がっていて、
「5時までには新幹線に乗った方が良い」
「新幹線内で泊まる可能性も考えて、グリーン車をとる方が良い」
など会えなかった後輩やお友達から情報とアドバイスをもらって、
帰阪しました。

それにしても、、、
私の不幸なんて大したことはないけれど、
ささやかではあっても不幸中の幸いが積もった旅でした。



最後になりましたが、、、

被災地の方々、心よりお見舞い申し上げます。

一刻も早い復興をお祈り申し上げます。
また、お亡くなりになった方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。




追伸
私にできることがあれば、連絡ください。
できる限りのことはします。
「やらない偽善なら、やる偽善の方がまし」と書かれてる方がいらっしゃいました。
私もできる限りのことをします。
バイト代、寄付しようかな。
スポンサーサイト
Posted by snow white
  trackback:0
[東京 2011.3
trackback URL
http://dinnerparty.blog42.fc2.com/tb.php/258-0cc90d68
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。