ささやかな幸せをおすそ分け♡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by snow white
 
[スポンサー広告
批判を覚悟で物申す;生活保護
さっき、テレビ「そこまで言って委員会」で生活保護について言っていた。
現状160万人の生活保護者、実は申請すれば生活保護受給できる人は1000万人に及ぶらしい。
で、その手助けをしているNPOの人が出ていた。

せっかくなので、常日頃から思っている生活保護に対する考えを
否、考えというほどではないのだけれど、こんな現状ってどう?と訴えてみようと思います。
批判は覚悟です。
コメント欄が炎上しても構いません。
(でも、この記事へのコメントはこの記事のコメント欄のみにしてくださいね。)

生活保護、まずそのシステム自体を医者になるまで詳しくは知りませんでした。
医療に関してのみ言えば、
・医療費無料
・入院費無料(給食代も含めて)
・通院費無料(なんと、タクシー代が支給される人もいるらしい!)
です。
病院によっては、医療費を踏み倒される心配が無いから、という理由で喜んで受け入れるそうです。

見たり聞いたりした生活保護の患者さんにはこんな人たちがいます。
①生活費を浮かせることが出来るから入院したがる人(結構多い!)
  しかも、救急車できたりする。救急車で来ると入院させてもらえるといううわさが流れているらしい。
  どこも悪くない、とどんなに説明しても引き下がりません。
  だって、入院中は水道代も電気代も食費も一切かからないから。
  生活保護を受け始めるまでは、断固として入院拒否していた人でも、180度意見変わることも。
  ただ、28日(?)を過ぎると次の月の受給額が減らされるらしくて、ぎりぎりで突然退院したがる。
②もともと自由業の人で、足を洗ってから働かず受給者
  しかも、刺青を入れる時にC型肝炎にかかって、インターフェロン導入目的で入院。
  やっぱり、退院拒否。
③携帯電話でずっと話をしている、ブランド物バッグをいつも持っている人
  たしかに憲法では、最低限の人間らしい生活を保障しているけれど、
  ブランド物のバッグって、最低限の生活にも不要だと思うけど?
  私なんか、携帯での電話料金は高いから、メールで連絡しているのに。
④「離婚」したほうが受給額が上がるから、実質「夫婦」だけど、籍は抜いている人
⑤睡眠薬や湿布(←要は命には関らない薬)を大量に要求したり、わがまま三昧の人

②に関して、追加すれば、何年か前に血液製剤によるC型肝炎ウイルス感染者に治療費支給という決定が下されたのを覚えていらっしゃるでしょうか?
まじめに働いていて、それでも治療費が高いから、インターフェロン治療が受けれない人がたくさんいるということを、その時、初めて知りました。健康はお金で買えるものなのだと・・・。そして、誰でも買えるわけではないことを。一方で、上記のように、生活保護を受けていて、私たちの税金で治療を受けている人もいるのです、働けるのに働いていなくても。
当時、すごく納得いかなくて、悔しかったのを覚えています。
まずは、一生懸命働いている人を優先してほしい!そんな衝動に駆られます。
もちろん、命の重さは一緒だとわかっていても。
どうして、自分で働いて、自分で生活して、税まで納めているのに、自分の治療費が無いという人の税金で、働かず、生活費も支給されていて、税も納めていない人が治療を受けるのですか?

もちろん、今の不景気考えると、生活保護者が増えるのは容易に頷けます。
私はたまたま恵まれた環境で育っただけかもしれません。
だけど、そうでない人もいる。それは十分承知の上です。

それでも、すべては「環境」因子によるのでしょうか?
フラフラ暮らしているように見える私だって、たぶん、その辺の人よりずっと勉強も努力もしてきたと思います。
「自己責任」は関係ないですか?
努力によって、資格を得ることによって、何かあったときの自己防衛策を練っているのですよ。

若い女の人は「女」を武器にすることができるでしょう。その覚悟があれば。
でも、それをしない。
若い男の人は「体力」を武器にできる仕事があるでしょう。
だけど、仕事を選りごのむ。
仕事を選ぶことも必要。それは、自己尊厳の世界でそうかもしれない。
だけど、尊厳の前に「自分の力で生きていく」ことも考えてもらいたいと思うのです。

一生懸命働いてきた人を尊重します。
一生懸命働いても生活保護を受けざるを得ない人がいるのは、世の中のシステムに問題があると思っています。
だけれど、働けるのに働かず、生活保護を受けている人を差別します。


* この記事に関して、私の思い込みを書いている可能性があることも否めません。
* 知識不足によって、不快感を招いてしまうかもしれません。
* その場合にはごめんなさい。
* 尚、上記例えなどは、実在する例を元に作り上げた飽くまでもフィクションです。
* 決してそのまま真実ではありません。

私の知っている方で、病気で働くことが出来なくなり、医療費も払えず、自殺した方もいらっしゃいます。その話を聞いた時、この国の現状を初めて悟りました。悲しくて泣きました。
スポンサーサイト
Posted by snow white
comment:3   trackback:0
[出来事
comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/15 21:44 | | edit posted by
Re: 同意
Nさま

いつもコメントありがとうございます☆
落ち着いたら、ゴハン行きましょうね!
絶対お誘いするので、待っていてください。
(誘った時、断らないでね笑。)
それが、次行く病院は、(噂なのですが)生保は基本的にとらないんだって。
ちかくのK病院がとってくれるらしいの♪
ルンルンする。

そうそう、やっと、ちょっとだけ、毛が生えてきたらしい(妹によると)
うれしいのです。
でも、実は、ウィッグまで買ったの!しかも超ナチュラルなのを!
高額だったわ!!!こんなん、仕事のストレスなんだから、労災でしょ?って思う笑。
2009/03/15 22:29 | | edit posted by snow
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/30 13:02 | | edit posted by
comment posting














 

trackback URL
http://dinnerparty.blog42.fc2.com/tb.php/118-f58c2303
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。