ささやかな幸せをおすそ分け♡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by snow white
 
[スポンサー広告
できること。

そういえば、うちの父、そして、いとこ。
私が地震時、東京にいると知って
「できることがあればしてください。」
「サポートできればいいね。」
とメッセージを送ってくれました。

それに対して感想を。
①足をけがしていて、思うように動けない。
②地理感が全くない。

①はともかくとして、問題は②です。
土地勘が全くないというのは、大きな問題。
道案内すらできないわけですよ。
できるとすれば、道で「おちついてください!」と呼びかけるとか、
医療相談とか???外傷の手当てとか???

たしかに、言葉で書くのは簡単だけれども、
たとえば、新たに大地震が起こった際、私は土地勘がないから
自分では逃げることもできない。
誰かに助けてもらわないとどうにもならない。
ミスリーディングする可能性すらあるのですよね。

どなたかが、医療ボランティアする場合には
中堅医師+レジデント+薬剤師+看護師+事務員
の5人チームで行くとよいと書いていらっしゃいました。

私もそう思う。

たまたま旅行に来ていた私が一人でいても、あまり役には立たなさそう。
もちろん、旅行先が東北で、医療の手が届かないような場合には役に立てると思うけれど、
あえて、東京から東北に向けて一人で出かけようとするのはどうかな?

いろいろ考えさせられました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





アメーバニュースより転載

************************************************************************
今回の東北地方太平洋沖地震について、被災に遭われた方・お亡くなりになられた方へ深く哀悼の意を表します。FP山崎+(@yam_syun)です。この記事では、被災が軽微であった人が、日常の生活を通じて「今すぐできる支援」について、FP目線からお伝えします。ひとつでもできるものがあれば、実践してみてください。

 

■被災が軽微な人にもできる「支援」

今回の地震、大変な災害となりました。東北地方太平洋沖地震の被災に遭われた方、お亡くなりになられた方に深く哀悼の意を表します。

私自身も嘱託先のオフィス(古いビルの10階)で激しい揺れを感じ、生命の危険を感じました。その後、2時間超かけて徒歩帰宅しましたが、幸いにして都内は被災状況も軽微でした。

帰宅してみて、家族が無事であり、寒さをしのげる部屋があり、ガスや電気が通じることのありがたさをしみじみと痛感しました。そうした当たり前が失われてしまった、災害に直撃した人々のことを思うと本当に痛ましい気持ちです。何かできることはしてあげたいと思う人は多いと思います。

そこで「被災は軽微であった人にできること」について、FP的なお願いをまとめてみたいと思います。私もFPですので、自分の仕事に関連した形で、経済的行動がきっと何か支援に役立つという話をまとめてみたいと思います。

これを読んで、「これは自分にもできるな」という項目がひとつでもあれば、ぜひ取り組んでみてください。


1. 省エネを強く意識しよう

今回の地震の災害は甚大で、現在は特に電気供給に不安が生じている状態にあります。執筆時点の情報によれば、首都圏の一時停電も検討せざるを得ないようです。おそらく、その他のエネルギー資源についても輸入に頼ることが多いため、供給の不安定さは生じることと思います。

そこで、特に東京電力管内にお住まいの方については、自分の生活に支障がなかい程度に節電、省エネルギーに努めてみてください。これは助け合いになります。

少し厚着をして暖房を控える、家族は続けて入ってお風呂の沸かし直しをしないなど、なんでもできることをやってみてください。ムダな明かりを消すだけでもいいです。一般的には、熱に関する器具が電力消費が大きいといわれます。各自工夫をしてみてください。


2. 買いだめの「しすぎ」に注意

物流の不安もこれからやってきます。被災地への支援物資が優先されるため、一般向け流通が減少したり、被災地での生産活動がストップすることにより、今後食品などの流通量が減少することと思われます。

買いだめをある程度行うことは、個人や家族の生活を守るために必要かもしれません。しかし、無用な量の生活物資の買いだめはしないでください。もしかすると、本当は無用な買いだめで、別の家族が生活必需品を確保できなくなってしまうかもしれません。

絶対にやってほしくないことは、買いだめ品を捨てること。生鮮品を買いだめしたけど食べずに捨てるようになるような、もったいないことはしないでください。被災地では卵も牛乳も、あらゆる食品が自由に手に入らない状態にあります。まさに「もったいない」の精神を発揮することは、あなたの家計だけでなく、遠くの被災者の支援にもつながるはずです。


3. 移動は公共機関をできるだけ使う

今のところ、関東首都圏地域では被災は軽微であり、多くの人が車を利用しています。しかし、これからたくさんの支援物資を全国から東北方面へ運ぶことになります。また、余震が起きることがあれば、首都圏でも緊急車両が都内を駆け巡ることになります。地震の当日は都内でも渋滞が発生し、救急車両の移動に支障が生じていました。

また、ガソリンの輸入・流通にも支障の出る恐れがあり、当面の間はガソリンの供給不安もありえます。被災者支援のための動力源に、優先してガソリンを使ってほしいところです。そこで、ガソリン消費を抑えるライフスタイルにしばらく切り替えてみてはいかがでしょうか。

たいていの場合、電車やバスなどの公共機関のほうが安上がりなことが多いですし、使用するエネルギーも少なくてすみます。できればしばらくの間、移動にはできる限り公共機関の活用をお願いしたいです。


4. できれば寄付を

最後のお願いは寄付です。自分の生活に無理のない範囲でかまいません。年収ベースでいえば、1%程度でもかまいません(それでも立派な金額になると思います)。寄付に協力してみてください。

個人的なアドバイスとしては、寄付金控除をとって、来年の確定申告に活かすようなところに振り込んでみてはいかがでしょうか? 寄付金控除を取るためには、基本的には振込となるので、募金箱より早くお金が届くと思います。また、信頼できる団体のみが寄付金控除の証明書を発行できるので、支援の気持ちも確実に届きます。

ネットで「寄付金控除」で検索して団体を探し、ネットバンキングや銀行の窓口で振り込んでみてください(振込手数料無料のところも多いです)。なお、個人の判断で直接モノを送らないようにしましょう。不要な物資が届いても、現場の混乱を招くだけです。

また、ポイントを寄付に回すようなサービスもありますので、利用してみるといいでしょう。1人の未使用の100ポイントも、1万人分あれば100万の力になります(例えば、Tポイントはネット経由でポイントを寄付に回せるようです)。


今回はたまたま被災軽微であった私たちも、もしかしたら大変な被災に遭った当事者になっていたかもしれません。誰もがボランティアに駆けつけることはできませんが、何か力になりたいという気持ちを持つ人は多いと思います。

ここでは「今すぐに誰でもできる」小さな支援を4つご紹介しました。ひとりひとりの力は小さくても、合わせれば大きな支援の力になります。自分にできる範囲でかまいません。被災軽微な立場だったからこそできる取り組みをしてみてほしいと思います。


(山崎俊輔)

スポンサーサイト
Posted by snow white
  trackback:0
[東京 2011.3
東京・・・。


東日本地震、あまりの状況に呆然とするばかりです。
被災地の方々、心よりお見舞い申し上げます。

一刻も早い復興をお祈り申し上げます。
また、お亡くなりになった方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





えっと、実は、地震の時、わたくし、東京ディズニーランドにおりました。
けっこう、大変だったけれど、それでも、全然大したことなかったと思う。

もっともっと大変なことになっていると知って、本当に驚いたくらい!



404.jpg

今となっては、懐かしい、お昼頃のディズニーランド。

お昼はイクスピアリのMONSOON Cafeへ。
ここでおなかいっぱい食べたこと、水分もしっかりとれたことが幸いでした。
食後にお手洗いも行ったし!!!

2時頃、パークに戻り、2:45のパレードを見ることにして、
パレードルートから少し離れたところでベンチで座って待っていました。

その時、
グラグラグラグラ・・・

揺れはしばらく続き、(2分くらい?)
あたりは騒然としました。

続く余震・・・。
みんなケータイ片手に心配顔・・・。

それでも、プーさんのお店の方へ移動。
もちろん、店はすべてクローズ。

405.jpg

なぜか、地面は水浸し(今思えば、液状化現象だね。)で、
曇ってくる。雨が・・・。

410.jpg

ディズニーランドのキャスト(スタッフ)が
ショッピングバッグやごみ袋を配ってくれる。
とりあえず、かぶるだけでも寒さが和らぐ!

その間も、何度も揺れる。
地震で酔ってしまってかなり気持ち悪くなり、
何度も吐きそうになった。
エチケット袋もいただく。

一向に状況が改善しないため、出口に向かって移動することにした。

411.jpg

412.jpg

あまりにも浜風が強く、また、だんだん日も暮れてきました。
そこで、あちこちに出現したブルーシート(エマージェンシーシート)のテント。
地面に段ボールを敷いて、おしくらまんじゅうのように、人が中に入っている。
外縁の人がブルーシートを押さえて、風が入らないように。

キャストの方々が本当に優しくて、笑顔と元気をくださいました。
みなさんも同じように不安だろうし、寒いだろうに・・・。
本当にありがたい。

18時半。
諦めがついた。
このままでは、うまくいってもディズニーランドで野宿になってしまう。
銀座で予約していたホテルは諦めた。

幸い、徐々につながるようになってきていたi phoneを駆使して
ディズニーランド周囲のホテルを探す。
検索ワードは「ディズニーランド」「ホテル」「当日」
yoyaQを利用しました!!!

ラッキーなことに、シェラトンが取れました。

バッグに入っていたあめちゃんを同じテント内にいた女子大生にあげて、
私たちは移動を開始。
ブルーテントをでたところで、転倒。
左足首があり得ない方向に曲がって、捻挫。

それでも、気合で乗り切る・・・。

出場制限されていたパークをなんとか出て、ロッカーでトランクを回収し、
ホテルへ・・・。

413.jpg

駐車場の様子。
アスファルトが浮き上がり、その隙間から水がすごい勢いで流れ出していた。

414.jpg

ロビーでは謝恩会をしていた専門学校生、その家族、先生方が朝を待つ体制になっていた。

ホテルについて、チャックイン。
チェックインしている人たちは、あくまでもラッキーな人たち。
本当に、運がよくて、感謝しています。

ちなみに、やはり、情報伝達も正常ではないようで、
yoyaQからホテルへの情報が届いていなかった。
でも、ホテルの柔軟な対応もあって、泊めていただけることになりました。
おそらく、下のフロアから、問題がないかのチェックをしていたらしく、
最上階の12回はまだチェック中。
チェックが終わった端っこのお部屋をお借りしました。

もちろん、最上階。
余震のたびにこれでもかと揺れました。
しかも、ホテル自体、海辺だしね。心配だ。

シェラトンの中には、薬局を兼ねた売店がありました。
そこで、野菜ジュース、おつまみ(それしかのこっていなかった!)、
シップ、テープを購入。

そのうち、時間と量を限って、宿泊者にお食事を提供するサービスまで。

415.jpg

ホテルに着いた時点での私の足。
左足首腫れています。すでに内出血。
なぜか、左の親指の爪も内出血斑がでています。

なお、約3日経った現在、左足首外果がわからないくらい腫れています。
内出血が重力で移動したらしく、足裏までばっちり紫色に腫れています。


翌日12時。
チェックアウト。

まだ、京葉線は動いていない。
この時点では、動く予定なし。

浦安駅まで約5km歩く人多数。
足をくじいていなければ、歩けたと思うけれど、
残念ながら、とても歩ける状態ではなく、タクシー会社に順に電話する。
つながらない、あるいはつながっても配車は無理といわれる。

最悪、今夜もディズニーランド界隈のホテルに泊まる覚悟をした。
13時までホテルロビーで悩む。

!!!
14時頃から京葉線再開するらしい
!!!

13時15分
ホテルからのシャトルバスで舞浜駅まで移動。

13時40分
舞浜駅OPEN。

意外にも舞浜駅はあまり人がいなくて、
舞浜駅始発に乗ることができました。
座れたし★

14時
電車発車。

ということで、無事、東京駅まで着くことができました。
東京駅では、京葉線で異常が見つかったため、またストップするとの放送が。
ラッキーだった。

父から帰って来いとのメールがやたら届き、
友達とごはんとか観光もやや不謹慎な気がして、
新幹線で帰ることにしました。

すでに停電のうわさが広がっていて、
「5時までには新幹線に乗った方が良い」
「新幹線内で泊まる可能性も考えて、グリーン車をとる方が良い」
など会えなかった後輩やお友達から情報とアドバイスをもらって、
帰阪しました。

それにしても、、、
私の不幸なんて大したことはないけれど、
ささやかではあっても不幸中の幸いが積もった旅でした。



最後になりましたが、、、

被災地の方々、心よりお見舞い申し上げます。

一刻も早い復興をお祈り申し上げます。
また、お亡くなりになった方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。




追伸
私にできることがあれば、連絡ください。
できる限りのことはします。
「やらない偽善なら、やる偽善の方がまし」と書かれてる方がいらっしゃいました。
私もできる限りのことをします。
バイト代、寄付しようかな。
Posted by snow white
  trackback:0
[東京 2011.3
洋食 アルハンブラ

こんにちわ。

東日本地震、あまりの状況に呆然とするばかりです。
被災地の方々、心よりお見舞い申し上げます。

一刻も早い復興をお祈り申し上げます。
また、お亡くなりになった方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





えっと、実は、地震の時、わたくし、東京ディズニーランドにおりました。
けっこう、大変だったけれど、それでも、全然大したことなかったと思う。

もっともっと大変なことになっていると知って、本当に驚いたくらい!




ディズニーランドで転倒、左足首を捻挫しまして、
もちろん、浮かれた気持で観光なんかできるはずもなく、
親も帰って来いと再三メールを送ってくるので、
地震翌日、なんとか大阪に戻りました。




足首は象のように腫れてしまって、
ディズニーランド界隈で購入したテープでのテーピングだけでは限界を感じ、
(同級生のNくんにアドバイスをいただきました。ありがとう!)
昨日、勤務先の病院でレントゲンを撮りました。
幸い、骨には影響なさそうです。

ちなみに、もしも、新幹線も動いていなくて、
大阪に帰っていなかったとしたら、このくらいの捻挫は我慢します。
大阪に帰ってこれたから、受診しました。




病院の帰り、病院まで送ってくれた妹とランチに行きました。
洋食 アルハンブラ


グルメ友達のぷーさんも絶賛のお店です。


お店は12時前には満席!!!
4人掛けのテーブルが3つと、2人掛けのテーブル1つ、カウンター3席の小さなお店なのですが★


半分くらいの方がオーダーしていたカキフライを私もいただきました。


424.jpg


すごく大きなカキフライが8個も!!!
さっくさくでジューシーですごくおいしい。


こんな風に温かいものをおいしく食べることができたことに感謝。
Posted by snow white
  trackback:0
[洋食
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。